オールインワンの種類は豊富!タイプ別に40・50代へのおすすめを紹介

オールインワン 体の悩み

 

基礎化粧品で定番になりつつあるオールインワンですが、いろいろな商品を使っているうちに、好みが分かれてくるようです。

実際に使っている人の声を参考に、どんな種類があるのかを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

オールインワンとは|それだけで大丈夫?

オールインワン

基礎化粧品の「オールインワン」とは、一般的に、化粧水や美容液、乳液、クリームなどの役割が全部入っているコスメを指します。

「1アイテムで洗顔後のスキンケアがすべて完了する」と捉えていいでしょう。

 

しかし、実際に使っている人の中には「オールインワンだけだと乾燥する」「美容液を足している」という人もいます。

肌質は人それぞれ違いますし、商品によって配合されている成分も違い、肌悩み改善成分が不足しているものもあるので、一概に「オールインワンでスキンケアがすべて完了」と言い切れないかもしれません。

オールインワンは「それだけで満足できる」ように作られていますが、それまで複数のアイテムを重ねてきた人の求める水準には及ばないこともあります。

 

なら、オールインワンは使わないほうがいいの?

自分の肌に合った、満足できるものを選べばいいのです!

以下で、オールインワンの選び方を紹介していきますね。

 

オールインワンの選び方|50代の肌に不足しているものは?

40・50代の肌に最も必要なのは「保湿」です。

保湿とは「肌に水分を与えて潤わせること」をいいますが、一時的に潤わせるだけではダメなんです。

時間とともに乾燥してしまっては「保湿」とはいえません。

そのため40・50代の肌には、肌が本来持っている「自分で潤う力」を生かしながら、潤いを保つバリア機能をサポートできるように肌環境を整えることが求められます。

 

40・50代の肌が老け肌になる理由

40・50代の肌は、エストロゲンの減少や肌老化、紫外線ダメージの蓄積などから「肌悩みが加速する時期」といえます。

シミやたるみ、シワなどに悩んでいた人は、今までと同じケアをしていると、肌悩みがもっと深刻になってしまうかもしれません。

40・50代になって「老けた」「疲れてる?」といわれる人は、スキンケアを見直す必要があります。

 

40・50代が保湿で肌環境が整うと

■ 肌のキメが整い、ツヤがでて若々しく見える

■ ターンオーバーが正常化して、シミが薄くなる

■ 肌のハリが戻り、たるみが引き締まりやすくなる

■ 肌のバリア機能がアクティブになるので、吹き出物ができにくくなる

肌の環境がいいというのは「肌がキレイ」だということです。

健康的で明るい印象を与え、ノーメイクでも自信が持てる肌になるでしょう。

 

40・50代のオールインワン選び

40・50代がオールインワンを選ぶポイントは3つ

1.保湿がっしっかりできるもの

2.肌全体をエイジングケアできるもの

3.自分の肌に合った継続できるもの

この3つを基準に選んでください。

 

オールインワンの種類は豊富!違いは?

オールインワン

オールインワン「ジェル」と「ゲル」の違い

ほとんどのオールインワンは「ジェル」と「ゲル」で違いはありません。

どちらも「GEL」と表記され「ジェル」は英語読み、「ゲル」はドイツ語です。

ただし、薬事法の「種類別名称」では「ジェル」の表記はありますが、「ゲル」の記載はないので、日本では「ジェル」が一般的でしょう。

 

化粧品メーカーによっては、「ジェル」は水分が多く流動しやすい形状、「ゲル」は半固形、その中間を「ジェルクリーム」を区別しているケースもあります。

この違いはテクスチャー(感触・質感)にもあらわれており、ジェルは滑らかで伸ばしやすくサラッとしやすい乳液のような感じ。

ゲルは濃厚で固さを感じるが、体温で溶けるとクリーム状になるので、バターに似ている質感。といわれています。

 

オールインワンの容器の種類

オールインワンの容器は大きく分けて3つあります。

ジャータイプ プッシュタイプ チューブタイプ
オールインワン オールインワン オールインワン

コラリッチEX

カナデルプレミアリフト

など

ハリッチプレミアムリッチプラス
imini(イミニ) リペアセラム

など

muqna(ムクナ)オールインワンジェル状クリーム

無印良品 敏感肌用オールインワン美容液ジェル

など

それぞれメリット・デメリットはありますが、容器の違いは上記のテクスチャーの違いといってもいいでしょう。

半固形のオールインワンはジャータイプ、柔らかく水分の多いオールインワンはプッシュタイプ、クリーム状のオールインワンはチューブタイプに入れられています。

 

ジャータイプ|容器としてのメリットは無し!

メリット

ジャータイプに入れられているオールインワンは、濃厚でこっくりしているので、マッサージクリームとしても活用できる。

デメリット

直接手で取り出すのは不衛生ですし、スパチュラを使うのが面倒。

 

プッシュタイプ|容器としては最高!

メリット

すばやくサッと使うことができ、使用量が分かりやすい。

デメリット

旅行先などに持っていく場合は、キャップをしておかないと荷物がオールインワンまみれになるかもしれません。

 

チューブタイプ|ジャーよりは〇、プッシュよりは×

メリット

チューブタイプに入れられているオールインワンは、歯磨き粉のようなクリーム状のテクスチャーのものが多いでしょう。

つまり、ジャータイプに入れられているものと、プッシュタイプに入れられているものの中間です。

使い勝手も中間で、片手で押し出せるポイントはジャーより良く、スクリューキャップを回して空ける点ではプッシュより劣る。ということになります。

デメリット

使う量が安定しない。

プッシュタイプと同じように、キャップをしないと流れ出てしまう。

 

オールインワンのテクスチャーの違い

ジャータイプのオールインワン

ジャータイプに入れられているオールインワンは保湿力が高く、肌にしっかり塗布でき、たるみや小じわなどを解消するためのマッサージにも向いているので、年齢が高い層におすすめです。

乾くのが比較的ゆっくりなため、じっくりスキンケアをしたい人向けともいえるでしょう。

 

プッシュタイプのオールインワン

オールインワン

プッシュタイプのオールインワンは、いろいろな美容成分がたっぷり入っているものが多く、伸びが良いうえにベタつかないのが特徴です。

簡単に使えるので継続しやすく、肌全体のエイジングケアを目指している人にピッタリです。

 

チューブタイプのオールインワン

オールインワン

チューブタイプのオールインワンは、配合されている美容成分の種類がシンプルなものが多く、比較的リーズナブルで購入できるでしょう。

男性用のオールインワンとしても人気ですね。

しかし、しっかりケアが必要な40・50代向けのチューブタイプのオールインワン商品は、見つけられませんでした。

 

40・50代におすすめするのは「ジャー」か「プッシュ」

50代におすすめのオールインワン「ジャータイプ」

「コラリッチEX」

 知名度・人気度・満足度 など、全部の項目でNO.1といってもいいでしょう。

とにかく、乾燥を潤すパワーがすごい!と評判高く、私の周りにも愛用者が沢山います。

実際に、継続率やリピート率も高く、複数の有名雑誌で「オールインワン部門:1位」を獲得した実力派コスメです。

 

「カナデルプレミアリフト」

「カナデルプレミアリフト」は、モンドセレクションを8年連続受賞した「クレンジングバームDUO」の新ブランドです。

価格もお手頃なので、オールインワンを始めたい人におすすめします。

 

50代におすすめのオールインワン「プッシュタイプ」

「ハリッチプレミアムリッチプラス」

ハリッチプレミアムリッチプラス
「ハリッチプレミアムリッチプラス」は、フラーレンやヒト幹細胞培養液、整肌因子が贅沢に配合されているオールインワンです。

私が使っているのはコレ!

美容鍼灸院が開発したエイジング美容液だけあって、肌のハリやツヤを2日目くらいから感じることができました。

肌馴染みがいいので塗布した後すぐにメイクが始められ、日中も乾燥を感じないで過ごせています。

 

「imini(イミニ) リペアセラム」


「イミニ リペアセラム」はディノス・セシールオリジナル化粧品で、「immunity(免疫)」を語源として名付けられたコスメです。

なんといっても、肌本来の力を高めながら「しぼみ肌」を若返らせるのがポイントですね。

 

 

 

オールインワンコスメは1つでスキンケアが完了するものですが、物足りないときは化粧水や美容液をプラスすると効果がもっとアップするでしょう。

 

美顔器の代用ジェルとしても使える製品があるので、コスパ・時短面でも助かりますね。

 

タイトルとURLをコピーしました