40・50代の乾燥肌はスチーマーで水分チャージ!使い方と効果は

40・50代のスチーマー 体の悩み

乾燥で悩んでいる人は、肌に水分を入れてあげれば解決します!

でも、どうやって水分を入れるの?

答えはスチーマーを効果的に使うこと♪

 

スポンサーリンク

乾燥肌は不潔な印象を与える! 特に40・50代は深刻に

40・50代のスチーマー

肌が乾燥するのは、肌表面の「バリア機能」が弱っているからです。

肌の一番外側は、角層とよばれています。
肌表面にある角層は、隙間なく細胞や細胞間脂質が並んでいて、肌内部から水分が蒸発するのを防ぐ役割を持っているんです。

この役割は「肌のバリア機能」とよばれていて、美しい肌を保つのには不可欠なもの。

しかし、何らかの要因によってバリア機能が低下すると、肌は乾燥していろいろな症状を引き起こします

「若い頃から乾燥肌だから、今さら対策なんて……」

なんて思っていると、あっという間に老け顔に!

 

手入れをしていない肌は、急速に肌を老化させてしまいます。

シワが刻まれてシミだらけの肌は、不潔な印象を与えてしまうこともありますよね。

40・50代だからこそ 若々しい肌を保たないといけないんです!    

 

肌の乾燥:バリア機能が低下する原因3つ

40・50代スチーマー

1.紫外線

肌老化の原因ともいわれている紫外線は、バリア機能も崩しやすくします。

特に、肌へ強く作用するUVBは肌表面にダメージを与えるので、肌内部から水分を奪っていくことも。

大量の汗をかく夏は、肌表面のpHバランスを崩しやすくなるため、細菌の繁殖が起こったり、バリア機能を崩しやすくします。

2.生活習慣の乱れ

 ・睡眠不足
 ・ストレス
 ・疲労
 ・食生活の乱れ
 ・運動不足
 ・便秘
 ・エアコンの風
 ・タバコ
 ・間違ったスキンケア

これらは全部、肌に負担をかける行為です。

何故かというと、肌細胞の生まれ変わりを邪魔するから。

就寝中に分泌される成長ホルモンの働きを悪くしたり、肌細胞へ行くはずの栄養がキチンと摂取できなかったり、物理的にバリア機能を低下させているからです。

肌だけでなく体自体にも悪い影響を及ぼすので、早急に改善したいですね。

3.加齢によるターンオーバーの低下

角質内にある天然保湿因子や皮脂は、加齢と共に減少します。

簡単にいうと、「肌のバリア機能を保っている戦闘員が減る」ということ。

戦闘員が減った肌表面は、外界からの攻撃が防ぎきれなくなるので、刺激を受けやすくなってしまいます。

 

さらに「ターンオーバー」といわれる肌の甦りサイクルは、加齢と共に乱れて低下します。

ターンオーバーは角質の代謝です。

代謝が乱れると、古い角質ははがれにくくなって、肌表面に留まっていくんです。

肌表面に溜まった角質は、肌をゴワつかせてくすんで見えたり、化粧水や美容液を肌に浸透させづらくします。

 

肌乾燥は多くの肌悩みを引き起こす

40・50代のスチーマー

肌が乾燥すると、さまざまな肌トラブルを引き起こします。

シミ・くすみ
シワ・たるみ
肌荒れ
ニキビ

乾燥はバリア機能の低下を促進してしまいます。

その結果、ターンオーバーが遅くなり色素沈着したシミやくすみが目立つように。

さらに水分不足の肌は、コラーゲンなどを維持できなくなり、シワやタルミを引き起こします

乾燥により刺激を受けやすくなった肌は、肌荒れを起こしやすくなって、ニキビも発生させてしまうでしょう。

目元のたるみ解消法はコチラ!

水分を入れて肌悩みを解決!乾燥しらずの肌とは

40・50代のスチーマー

乾燥しらずの肌とは、肌トラブルを引き起こしにくい肌のことです。

しっとりしたツヤのある肌は、年齢を感じさせずに若々しく見せてくれます。

これは、肌のバリア機能が正常に機能して、皮膚にいる常在菌のバランスが取れている証拠。

常にこの状態を保っておきたいですよね。

 

しかし、40.50代になると肌のバリア機能を正常に保つのが難しくなります。

年齢を重ねた肌には、強制的に水分をチャージさせてあげないといけません。

そこで取り入れたいのが、スチーマーを使ったスキンケア方法です。

乾燥しらずの肌にするだけで、毎日の生活が違ったものになりますよ!

 

スチーマーの効果的な使い方|間違った使用法とは

40・50代のスチーマー

美顔スチーマーは、乾燥肌対策をする人にとってマストアイテムとなっています。

しかし、使ってみても「効果が感じられなかった」という人もいますよね。

それは、間違った使い方をしているから!

 

ここでは、40・50代の乾燥肌に効果的なスチーマーの使い方を紹介します

乾燥肌に効果的なスチーマーの使い方

1.肌がきれいな状態でスチームする

肌にゴワつきが感じられるのは、肌表面に古い角質が溜まっている証拠です。

最初に古い角質を落としてからスチーマーをあてることで、肌内部に水分を摂り入れやすくします。

そのためには、洗顔後にピーリングをしたり、美顔器のイオン導出機能を使うといいでしょう。

 

40・50代におすすめの美顔器

 

2.顔をスチーマーに近づけすぎない

「タップリ水分を入れたいから」といって、スチーマーに顔を近づけすぎるのはNG。

やけどの原因になったり、高温になった蒸気が肌の水分をさらに奪ってしまうこともあります。

スチーマーが肌乾燥を加速させてしまう原因になるので、一定の距離を保つことが大切です。

ふんわりとした蒸気がアナタを包み込むような距離がベスト!心地よい時間を堪能しましょう。

3.スチーマーの水分を逃がさない!保湿対策

40・50代のスチーマー

温かい蒸気に包まれた肌は、毛穴が開いているので水分が入りやすい状態になっています。

と同時に、水分が逃げやすくなっている状態ともいえますよね。

スチーマーを終わらせたら、保湿ケアを忘れずに行いましょう。

 

私のスチーマー使用法|週3回でもOK!

1.洗顔          3分
2.美顔器でイオン導出   2分
3.スチーマー       5分
4.化粧水・保湿クリーム  2分

計12分程度なので、簡単に続けられますよ!

 

40.50代におすすめのスチーマー

パナソニック スチーマー ナノケア W温冷エステ EH-SA9A

温スチームと冷ミストのダイナミック温冷ギャップで、肌にハリ感が蘇る!

敏感肌でも安心な「バリア肌コース」や毛穴が目立たなくなる「皮脂ケアコース」、肌のハリ感・弾力を取り戻す「ハリ/弾力コース」など7つのコースが選べる

・ダブル温スチームが顔をやわらかく包み込んで、たっぷり保湿。そして、ダブル冷ミストで急速冷却!キュッと引き締めて整える

アロマタブレットを取り付ければ、香りに包まれながらスキンケアできる。ディフューザー代わりにもなるかも!?

ナノケアなら、たっぷり保湿ができてキメの整った肌を手に入れられる。1回の使用で実感できるのがすごい!

置き型タイプのスチーマーなら、絶対にこれがおすすめです!

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

Yahoo!で詳細を見る

パナソニックからはいろいろなスチーマーが発売されていますが、「EH-SA9A」は、W温冷エステが自宅でできるのが嬉しいですね。

値段は高いですが、肌はしっとりした質感になり、キュッと引き締まった毛穴が実感できます。

エステのようなスキンケアが、手軽に自宅で行える嬉しいスチーマーです。

 

【リセラH2ミスト】


低分子クラスターでナノ粒子級になった浸透水が、肌の奥までしっかり浸透します

・本体に水道水を入れるだけで、水素水ミストがお肌に降り注ぐから簡単で便利!

メイクの上からでも保湿OK!ハンディタイプだから持ち運びも楽なんです。オフィスでも家でも使える!

・髪や足などのカサつく場所も、しっかり保湿できる!静電気防止も可能!

ハンディタイプのスチーマーならコレがおすすめ!

引用元:公式HP【リセラH2ミスト】

持ち運べるタイプのスチーマーは、いろいろなメーカーから販売されていますが、「リセラH2ミスト」は、低分子クラスター浸透水が肌の奥までしっかり届きます

手入れも簡単だから、1年中使えますよ!

 

乾燥肌は、冬だけでなく季節を問わず肌悩みの原因になるので、肌悩みが深くなる前にスチーマーで水分補給をしてください。

若々しい肌になって、周りとの差を付けましょう!

タイトルとURLをコピーしました