肥満になりやすい遺伝子とは?効率的に痩せるヒントを知ろう

体の悩み
スポンサーリンク

遺伝子検査で自分の肥満状態を知る

現在までに確認されている「肥満に関係する遺伝子」は、50以上あるといわれています。その中の「太りやすい遺伝子」が、あなたが太る原因の1つとなっているのかもしれません。自分の遺伝子タイプを知れば、効率的に痩せるヒントが得られるでしょう。

遺伝子検査では、かかりやすい病気も分かるので、健康維持のために一役買ってくれますよ。

肥満遺伝子のタイプを知って効果的にスリムになろう

これまで太りやすくなる原因としてあげられてきたのは、食べすぎや運動不足などの「生活習慣」でした。しかし、大食いなのに痩せている人や、しっかり運動をしているにも関わらず太っている人がいますよね。

そこには、遺伝子が関わっているのかもしれません。

遺伝子とは、親から受け継いだ「体の設計図」の元となっているもの。

生まれ持った遺伝子により、顔や体、体質などが変わってくるのです。そのなかには、太りやすさを決める「肥満遺伝子」も含まれています。自分の肥満遺伝子のタイプを知ることで、今までもより早く痩せる方法が分かるようになりますよ。

肥満遺伝子とは

エネルギー代謝に関連する遺伝子を「肥満遺伝子」といいます。この肥満遺伝子が作り出す物質が、食欲をコントロールする「レプチン」です。

基本的に食事の後で分泌されるレプチンには、満腹中枢を刺激して満腹感をもたらすだけでなく、交感神経の活動を亢進させて余分なエネルギーを消費させる働きがあります。

そのため、レプチンが正常に働かないと食欲の制御が困難になり、その一方では蓄積した脂肪が燃焼しにくくなる、ということが起ってしまうのです。

 

では、肥満の要因となるとされている遺伝子を3つご紹介しましょう。

 

β3アドレナリン受容体遺伝子(β3AR)

脂肪燃焼作用を脂肪細胞に伝える遺伝子です。この遺伝子に変異を持つ人は、中性脂肪の分解が抑制されるため、基礎代謝量が低くなります。そのため、エネルギーの過剰摂取から肥満を招きやすい要因といわれる遺伝子です。日本人のおよそ3人に1人が持っていると推測され、遺伝子に変異がある場合「太りやすく痩せにくい」といわれています。

 

アンカップリングプロテイン遺伝子(UCP1)

脱共役タンパク質1ともいわれる遺伝子です。この遺伝子に変異を持つ人は、エネルギーを燃焼させる脂肪細胞の働きが低下しているので、基礎代謝量が低くなります。遺伝子に変異がある人は、日本人のおよそ4人に1人と推測されています。

 

β2アドレナリン受容体遺伝子(β2AR)

この遺伝子に変異がある場合、通常より多くのエネルギーを消費するため、基礎代謝が上がりやすいといわれています。つまり、遺伝子に変異がある場合「太りにくく痩せやすい」体であるといえるわけです。
うらやましいですね。

リバウンドしやすい遺伝子は

運動を行うことによる減量はダイエットの基本となっていますが、理想の体型を手に入れた後で運動を中止してしまう方もいるでしょう。その結果、「肥満体型に戻る」リバウンド経験を持つ方も多いのではないでしょうか?

 

β3アドレナリン受容体遺伝子に変異がある場合や、アンカップリングプロテイン遺伝子に変異がある場合、基礎代謝量が低く肥満を招きやすいため、ダイエットの為の運動で消費エネルギーを増やしても、運動を止めることで低い基礎代謝量に戻ってしまうためリバウンドがおこります。

 

肥満遺伝子をチェックするDNA検査とは

自分が「どのタイプの肥満遺伝子を持っているか」を、検査キットで手軽に調べることができます。主な肥満遺伝子のタイプが分かれば、生活習慣に気を配ることもできますし、早くから気をつけることで将来的な肥満への不安も少なくなるでしょう。

使用方法もいたって簡単です。「遺伝子検査キット」付属の綿棒で、頬の内側をこすり唾液を採取します。その綿棒を容器の中へ入れ、指定のキット返送先へと送るだけで完了です。

会社によって期間も異なりますが、2週間ほどで検査結果が届きます。費用も会社によって異なりますが、5千円~1万円程度が主流です。

 

DHCの遺伝子検査 ダイエット対策キット

サプリメントで知られているDHCの遺伝子検査キットです。

検査結果は2~3週間で報告され、遺伝子タイプが分かるのはもちろん、その体質に合ったサプリメントを54のパターンに分けて紹介しているのが大きな魅力ですね。

遺伝子検査相談室も開設されているので、もっと詳しく知りたい人やサプリと薬の飲み合わせなどを気軽に相談できます。

 

 

ハーセリーズ・インターナショナル

DNASLIM ダイエット遺伝子検査キット

こちらは、遺伝子検査結果だけでなく、親切なアドバイスが好評の遺伝子キットです。大阪大学大学院の特任准教授が監修しており、国際規格である「ISO27001」を取得しているから安心。

検査結果は約15営業日で閲覧でき、必要な栄養素や太りやすい食べ物の特徴、適した運動の種類、脂肪が付きやすい部位、基礎代謝の量などが分かります。

肥満タイプは細かく10種類に分けられ、ダイエットプランや食事、運動などのアドバイスをしてくれます。

 

ダイエットを成功させるために

私たちは一人ひとり違う遺伝子を受け継いでいます。そして、生活習慣や環境にも違いがありますよね。

健康管理や体型維持のために、根本的な習慣や環境を見直すことは重要です。さらに、自分の遺伝子タイプを知り、効果的な運動を継続的に行えば、痩せやすい体を手に入れることができますよ。

タイトルとURLをコピーしました