美顔器で50代のシミは90%改善できる!必要な成分と美顔器の相性は

シミ 体の悩み
スポンサーリンク

美顔器で50代のシミは90%改善できる!

シミ

美顔器で50代のシミは約90%改善できるでしょう。

なぜなら、50代のシミは90%が「老人性色素斑」と「炎症後色素沈着」だといわれているからです。

 

「老人性色素斑」とは

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)は「老人」と名が付いていますが、早い人なら10代から出始める一般的な「シミ」をいいます。

日光性黒子ともよばれ、淡い色から濃い色まで、いろいろな濃さであらわれるシミです。

 

「炎症後色素沈着」とは

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)とは、肌が炎症した後に生じる褐色のシミです。

時間が経過すると徐々に薄くなることが多いのですが、皮膚の陥没やただれなどの跡が残ることもあります。

 

「老人性色素斑」と「炎症後色素沈着」のケア方法は、徹底した「美白ケア」が必要で、多くの美顔器にはその機能が備わっています。

 

シミの種類もっと詳しく ⇒

50代の「顔のシミ」は無くなると10歳以上若く見える! ケアは効率よく!
50代は顔のシミが無くなると若々しく見えます。しかし、若い頃と同じ美白ケアをしていてもシミは無くなりません。その理由は、体と同じように肌も衰えているからです。シミの種類と原因、見分け方、シミのない50代の顔を手に入れるアイテムなどを紹介します。

 

50代のシミを解消する美顔器の機能

50代のシミを解消するために、美顔器に必要な機能は「排出」と「導入」です。

 

美顔器の「排出」機能

シミ

美顔器の「排出」機能とは、肌表面にこびりついた古い角質などをキレイにはがす機能です。

多くの美顔器には、「クレンジング機能」や「イオン導出」などの名称が付いています。

 

20代の肌とは違い、50代の肌に溜まっている古い角質は、いつも行っているクレンジングや洗顔では落ちません。

なぜなら、ターンオーバーが遅れている50代の肌は、古い角質を肌表面で固めてしまっているからです。

 

古い角質は、道に敷かれたコンクリートのように肌を覆い、肌奥へ届けたい美容液などの侵入を拒みます。

さらに、ゴワゴワした質感になって固まるので、シワが定着しやすくなってしまうのです。

 

その、頑固な古い角質は、美顔器の排出機能を使えばキレイに落とすことができます。

 

それも、スクラブ入りのピーリングのようにゴシゴシ削り落とすのではなく、微弱な電気の力でスムーズに剥がれ落とすので、肌に負担なく古い角質を剥がすことができるでしょう。

 

美顔器の「導入」機能

シミ

美顔器の「導入」機能とは、摂り入れたい美容成分を肌奥まで届ける機能です。

一般的な美顔器では「イオン導入」といった名称が付いており、ワンランク上の機能になると「ポレーション」という機能になります。

 

イオン導入とは

イオン導入とは、電気の力を利用して美容液の成分を肌に浸透させるスキンケアの手法です。

イオン導入で浸透できる美容成分の量は、いつものように美容液を塗ったときとは比べ物にならないほど大量なので、導入をした後は肌のプルプル感が格段にアップします。

 

イオン導入できない成分もある

イオン導入には弱点があり、イオン化できない成分は浸透力が弱まります。

イオン導入できる成分 イオン導入きない成分
イオン化できる美容成分や分子量の小さなもの イオン化できない美容成分や大きいサイズの分子
ビタミンC・アミノ酸・プラセンタ  など ビタミンA・油溶性ビタミンC・ヒアルロン酸 など

 

ポレーションで解決!

シミ

イオン導入の20倍の浸透力を持つ「ポレーション」機能は、肌へ電圧をかけて細胞と細胞の間に微細な隙間を開けるので、美容液の美容成分を肌の奥深く届けられます。

上記の図のように、コットンで化粧水を付けた場合は肌表面でストップしてしまいますが、イオン導入は電気の力で化粧水を押し込むように肌に浸透させます。

しかし、イオン化しない成分は肌表面に留まり、イオン化できる成分も浸透する層は浅めです。

 

ポレーションは、物理的に細胞の隙間に道を作るので、イオン化しない成分も肌奥へ届けることができるのです。

そのため、コットン付けよりイオン導入、イオン導入よりポレーションの方が、美容成分の効果は早くしっかり実感できます。

 

50代のシミケアに必要な美容成分と美顔器との相性

シミ

美白ケアに有効な成分

ビタミンC誘導体
新たなシミを作らせない
今あるシミを薄くする

メラニンの排出をサポート
美顔器との相性
イオン導入 ポレーション
×
向いていない

浸透OK
ハイドロキノン
新たなシミを作らせない
今あるシミを薄くする
美顔器との相性
イオン導入 ポレーション

浸透OK

浸透OK
4MSK
新たなシミを作らせない
メラニンの排出をサポート
美顔器との相性
イオン導入 ポレーション

商品による

浸透OK
トラネキサム酸
コウジ酸
アルブチン
新たなシミを作らせない
美顔器との相性
イオン導入 ポレーション

商品による

浸透OK
ニコチン酸アミド
リノール酸S
エナジーシグナルAMP
メラニンの排出をサポート
美顔器との相性
イオン導入 ポレーション

商品による

浸透OK

 

50代のシミケアに有効な美容成分は?

50代のシミは、若い頃のシミより数が多く、大きく、色が濃くなっていることが多いです。

そのため、じわじわ効いていく成分より「ビタミンC誘導体」や「ハイドロキノン」などの、しっかりとした効果がある成分を選びましょう

 

シミの範囲が広い人は「ビタミンC誘導体」

顔全体のトーンが明るくなった!

■ メラニンの生成抑制

■ メラニンの還元

■ メラニンの排出

ビタミンC誘導体とは、活性酸素の除去やニキビの色素沈着の防止、メラニン色素抑制などさまざまな効果が期待できる成分です。

そのため、美肌を保つことや美白ケアには欠かせないといえるでしょう。

 

ビタミンC自体は、安定性が低く・空気に触れると酸化しやすい水に溶かすと活性を失う・肌に吸収されにくいといった問題があります。

 

このビタミンCの弱点を改良した成分が「ビタミンC誘導体」なのです。

 

「水溶性」と「脂溶性」のビタミンC誘導体

「水溶性ビタミンC誘導体」は、即効性があり、短期間で皮膚に吸収されるので、ビタミンC本来の効果が期待できます。

「脂溶性ビタミンC誘導体」は水溶性に比べて即効性はありませんが、真皮まで浸透するパワーがあって、じわじわと効果を表すので刺激が少ないのが特徴です。

 

「水溶性」と「脂溶性」のビタミンC誘導体は両方とも、メラニンの生成を抑制し、排出を助け、細胞を活性化させて新陳代謝を促進する効果が期待できます。

美顔器機能のイオン導入でも浸透させられますが、ポレーション機能の方が相性がいい成分です。

 

濃いシミをポイントで攻める「ハイドロキノン」

あれ? どこにシミあったっけ?

■ メラニンの生成抑制

■ メラニンの還元

ハイドロキノンの別名は「肌の漂白剤」

高いメラニン抑制効果を持っており、チロシナーゼを抑制する力は一般的な美白成分の約100倍といわれています。

一昔前のハイドロキノンは、不安定な成分で効果が強すぎるため、医師の処方がなければ使用できませんでした。

しかし、新たに誕生した「新安定型ハイドロキノン」は、成分を安定させることに成功。

シミ部分でハイドロキノンの効き目がより効果的に発揮されるようになり、少量でも高い効果を期待できるようになりました。

美顔器はイオン導入でも効果を発揮でき、ポレーション機能とも相性がいい成分です。

 

50代のシミは美顔器でどのように消えていく?

50代のシミが消えるまでの期間は?

シミ

50代の肌にあるシミが「薄くなった!」と実感でき始めるのは、約2カ月半以降からだといわれています。

50代のシミは、その部分に留まっていた期間が長いので、解消までは長期戦を覚悟しましょう。

 

シミを作り出すメラノサイトは、シミを作るのが仕事だと覚えてしまっています。

そのため、美白成分をメラノサイトに届かせて「もうシミを作らなくていいよ」と教えてあげないと、メラノサイトはシミを生産し続けてしまいます。

 

美白成分がメラノサイトに働きかけ、シミの生産がストップすると、メラニンに染まっていない肌細胞がだんだんと肌表面にあらわれ、ここで「シミが無くなった」と感じることができるのです。

 

この仕組みには、肌細胞の生成から肌内部での成長、そして肌表面に新しい肌細胞があらわれて垢となって排出される「ターンオーバー」が関わっています。

ターンオーバーは、20代で約28日、50代になると2倍から3倍遅くなるといわれているので、約2カ月半程度ターンオーバーがかかると思っていてください。

 

そのため、美白成分を浸透させてから「シミが薄くなった!」実感できる期間は、約2カ月半以降だといえます。

 

50代のシミが美顔器で消えるまでの期間は?

シミ

シミが消えるプロセスは上記の通りですが、美顔器を使うともっと早くシミの解消を感じられるでしょう。

その理由は2つ

1.ターンオーバーの速度を早くできるから

2.美容成分がシミ生産工場まで届くから

1.ターンオーバーの速度を早くできるから

美顔器の「導出」機能は、ターンオーバーの期間をグッと縮めることができます

肌表面に殻のように固まっている古い角質などをキレイに排除することで、排出しきれず留まっていたシミは落とされ、後から入れる美容液をスムーズに浸透させやすくします。

 

2.美容成分がシミ生産工場まで届くから

コットンや手で顔に美容成分を塗っても「乗せる」という状態にしかなりません。

美顔器の「導入」機能を使うと美容成分を肌下まで押し込むことができ、「ポレーション」機能を使うとシミ生産工場まで届いて「シミ生産STOP!」とダイレクトに指令を出すことができます。

 

この2つの理由から、美顔器を使うともっと早くシミの解消を実感できるといえます。

 

50代のシミに効果がある美顔器

シミ

50代のシミに効果がある美顔器は、「導出」と「導入」機能が備わっている美顔器です。

 

おすすめ美顔器のランキングはコチラ ⇒

40・50代からの美顔器はコレ!肌悩みを解決する機能と選び方
肌は年齢と共に、悩みを変化させます。40代の肌悩みは複合的なので、オールマイティーに使える美顔器があると安心です。美顔器の機能や効果、肌悩み別のおすすめ美顔器を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました