40代のシミ対策や予防に役立つ日焼け止めの選び方

体の悩み
スポンサーリンク

40代の美白ケアは日焼け止めの選び方で変わる

シミを作らないためにできることは「肌を紫外線から守ること」これは常識ですよね。しかし、意外と日焼け止めの選び方って分からないものです。ドラッグストアではズラッと日焼け止めが並んでいるので、数値が高いものを選んでしまいがちではないですか?

今までは乳液タイプの日焼け止めだけでケアしてきた人も、40代になったらUVケアアイテムはしっかり選びたいもの。シミ対策や予防に効果的な日焼け止めは、2種類以上を組み合わせて使うのが効果的なんです。

まずは、日焼け止めの基本からおさらいしましょう。

 

40代のシミ対策・予防に役立つ日焼け止め

肌トラブルの原因になる紫外線の種類

UVA

太陽から届く約9割の紫外線が、UVA(波長 315~380nm)です。物質を透過しやすいので、雲の影響を受けにくいのが特徴。表皮層を通過して、肌の奥にある真皮に侵入します。急激な肌へのダメージはありませんが蓄積的なダメージを与えやすく、ハリや弾力を失わせる「光老化」を引き起こす原因となります。

UVB

太陽から届く約1割の紫外線が、UVB(波長 280~315nm)です。肌への作用が強いので、シミの原因になるメラノサイトに働きかけやすいのが特徴。またDNAにダメージを与えるので、皮膚がんの原因ともいわれています。

日焼け止めのSPF・PAとは

SPFとは

黒化につながりやすいUVBを防ぐ効果指数を表しています。日焼け止めの数値は1〜50+まであり、数値が大きいほどUVB波に対する防御効果が高くなります。SPF20なら素肌で過ごしたときの1/20、SPF50なら素肌の1/50までUVBの影響を抑えられるということ。基準は以下の通りです。

買い物や洗濯物干しなどの日常生活や短時間の運動/
SPF20~30
レジャーや炎天下の運動、長時間にわたり太陽を浴びるとき/
SPF30~50+

PAとは

長時間かけて肌ダメージを貯蓄させるUVAを防ぐ効果指数を表しています。日焼け止めの数値は+・++・+++・++++の4段階あり、+の数が多いほどUVA波に対する防御効果が高くなります。基準は以下の通りです。

買い物や洗濯物干しなどの日常生活や短時間の運動/
PA++~PA+++
レジャーや炎天下の運動、長時間にわたり太陽を浴びるとき/
PA+++~PA++++

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

肌から紫外線を守る成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

紫外線吸収剤

肌に当たった紫外線を吸収して、熱などのエネルギーに変換させながら放出するもの。肌の表面上で行うので、肌細胞に紫外線を届けさせません。

紫外線散乱剤

肌を覆うように塗布すると、肌の表面で紫外線を反射させ散乱させるのが散乱剤です。肌に紫外線を浸透させる前に散乱させます。

日焼け止めの形状

ジェル・クリームタイプ

みずみずしい肌触りですが、時間が経つとサッパリとしてくるので、ベタつきが気になる人におすすめ。耐水性があるのはマリンスポーツでも使えます。汗をかいても落ちにくいのが特徴。ということは、クレンジングを使って落とさないといけないがデメリットですね。

ローション・ミルクタイプ

伸びがいいのでメイク前の下地としてもおすすめです。顔だけでなく腕や首などに使えて、落としやすいのも特徴です。

スプレータイプ

体や髪に吹き付けるだけなので簡単に使えます。塗り直しに便利ですが、塗りムラができやすいのがデメリットです。

パウダータイプ

粉タイプの日焼け止めは、メイクパウダー代わりに使っている人も多いでしょう。落ちやすいので、塗り直しは必須になります。

 

紫外線に負けない!日焼け止めの使い方

ムラなく十分な量を顔や首、腕、足に塗るのが基本です。合わせて、頬や鼻など高さがある部位には重ね付けがおすすめ。また、2~3時間ごとに塗り直しするのも忘れてはいけません。

ローション・ミルクタイプの日焼け止めを全身に塗っておき、スプレータイプやパウダータイプで仕上げるのもいいでしょう。このとき、SPF20のミルクタイプとSPF30のパウダータイプを合わせても、SPF50にはならないことを覚えておいてください。

 

日焼け止めを塗っていたのにシミができた!?

日焼け止めを塗っていれば紫外線は肌に届かないはず。それなのに、シミが出来てしまった!という方もいるでしょう。それは、正しい日焼け止めの使い方をしていないからかもしれません。まずは、よくある失敗を紹介します。

日焼け止めの数値が高い方が安心!肌荒れに

日焼け止めの数値で一番高いものはSPF50+です。紫外線をしっかりカットするなら、日常的に最高値の日焼け止めを使っていればいいのでは?と思いがちですが、効果が高いものは肌に負担をかけてしまうものもあります。さらに、日焼け止めを必要量以上に塗り重ねると、落としきれなくなって肌荒れの原因になってしまうことも。

日焼け止めは、その日のうちによく泡立てたソープで落としましょう。とくにウォータープルーフタイプは、クレンジングを用いてキチンと落とさなければなりません。

部分的な日焼けが恥ずかしい

日焼け止めは汗や皮脂で流れてしまいやすいため、塗り直しが必要です。顔などはメイクの上から塗り直しできるスプレータイプやパウダータイプのものを使いうといいでしょう。

そうやって気を付けていてもシミが出来てしまうのは、塗りムラや忘れる個所があるためです。

まぶたや唇、髪の生え際、耳、首の後ろ、フェイスラインなどに日焼け止めはしっかり塗れていますか?この部分は皮膚が比較的薄いので、紫外線の刺激に弱くなっています。きちんとケアして紫外線から肌を守りましょう。

 

日焼け止めは重ね塗りと塗り直しが美白への道

基本の5ステップ

1.基本は、SPF30/PA+++程度のローション・ミルクタイプの日焼け止めを全身に!
2.顔は1の日焼け止めを化粧下地代わりにして、メイク後にパウダーかスプレータイプの日焼け止めを重ね塗りする
3.マリンスポーツをするときや長時間外にいるときは、SPF50+/PA++++のジェル・クリームタイプの日焼け止めを全身に重ね塗りする
4.顔は2~3時間おきにパウダーかスプレータイプの日焼け止めを、体はローション・ミルクタイプの日焼け止めを塗り直しする
5.その日のうちに、泡立てたソープやクレンジングを使って日焼け止めをしっかり落とす

 

日焼け止めは1年中必要

1年中、太陽は地球を照らしています。ということは、力の強弱はあるものの、紫外線は1年中降り注いでいるということ。曇り空でも、紫外線は透過して私たちの肌にダメージを与えます。

日焼け止めでしっかり紫外線をカットして、シミ悩みのない美白肌を手に入れましょう。

タイトルとURLをコピーしました