家計簿見せて!5件のお宅を調査|イレギュラー費も貯めよう

お金の悩み
スポンサーリンク

節約に欠かせない家計簿はプライベート満載

他人の家の家計簿は、目にする機会が少ないものです。それもそのはず、そこにはプライベートな事柄が満載だから。

例えば、医療費がかさんでいれば「重い病気」と推測されたり、養育費なんて科目があれば「離婚して養育費を払っているんだ」と噂のタネになることも。

しかし、食費や保険料の参考になるので、できれば見せてもらいたいのが本音です。ここでは、理解ある5家庭の家計簿を紹介します。前月に予測してもらった金額と実際にかかった金額を分けているので、合わせてご覧ください。

外食が多いDINKS家庭は家計簿アプリを使用

家族構成

夫:27歳/会社員
妻:29歳/会社員

家計の管理方法やコツ

アプリを使って家計簿をつけています。
買い物はほとんどクレジットカード払いなので、明細を見ながら金額を打ち込むだけ。家計簿アプリは、クレカ支払いを反映できるものもあるから便利です。支出比率をグラフ表示して確認できるのも魅力ですね。

2019年6月の家計簿

科目 前月に予測した金額 実際にかかった金額
住宅家賃 82,000円 82,000円
駐車場 8,000円 8,000円
自動車ローン 12,000円 12,000円
食費 70,000円 65,800円
水道光熱費 15,000円 21,000円
通信費 16,000円 16,000円
保険料 9,000円 9,000円
日用雑費 20,000円 18,400円
ペット 6,000円 7,200円
お小遣い 50,000円
(夫/25,000円 妻/25,000円)
50,000円
(夫/25,000円 妻/25,000円)
貯金 20,000円 20,000円 
合計 308,000円 309,400円

光熱費はオーバーしましたが、合計は予測から大きく外れることはなく、無難な月だった。とおっしゃっていました。

夫婦二人なのに食費がかかるのは、共働きで夜遅くなることが多く、外食の機会が多いからだそうです。今後は、保険料と貯金を増やすのを目標としているそうですよ。

 

4人家族の家計簿はレシート管理

家族構成

夫:38歳/会社員
妻:38歳/専業主婦
長男:小学4年生
次男:幼稚園

家計の管理方法やコツ

レシートをノートに貼って家計を管理しています。
我が家は夫の休日に買い貯めをするので、レシートはそんなに貯まりません。週1回、レシートをノートに貼り、科目別に合計を出して金額を書き込むだけです。1ヶ月に4回くらいしか電卓を叩かないので楽ですよ。

2019年6月の家計簿

科目 前月に予測した金額 実際にかかった金額
住宅家賃 120,000円 120,000円
食費 45,000円 77,800円
水道光熱費 15,000円 19,200円
教育費・習い事 20,000円 20,000円
通信費 20,000円 17,000円
交際・レジャー費 8,000円 11,200円
保険料 25,000円 25,000円
日用雑費 10,000円 8,700円
服飾費 10,000円 3,000円
お小遣い 20,000円
(夫/20,000円 妻/0円)
20,000円
(夫/20,000円 妻/0円)
貯金 20,000円 20,000円
合計 313,000円 341,900円

このご家庭は、妻のお小遣いがない代わりに、交際・レジャー費としての科目を作っているそうです。

食費がオーバーしたのは、息子さんが運動系のクラブに入って、たくさん食べるようになったため。妻もクラブの会合などの外出が増え、交際費が増えたといいます。

 

家計簿をExcel管理すればカスタムがラク!

家族構成

夫:38歳/会社員
妻:34歳/パート
長女:小学2年生

家計の管理方法やコツ

Excelで管理しています。
アプリなどは科目に柔軟性が無いので、分類に悩むことがあるんです。だから、カスタムできるExcelが自分には合ってると思います。自分の好きな色で分類したりフォントを変えたりすると、楽しく続けられますよ。

2019年6月の家計簿

科目 前月に予測した金額 実際にかかった金額
住宅家賃 140,000円 140,000円
食費 65,000円 54,000円
交通費 5,000円 4,850円
クリーニング代 3,500円 1,200円
水道光熱費 22,000円 18,700円
通信費 24,000円 26,800円
教育費・習い事 25,000円 25,000円
保育園 22,000円 22,000円
保険料 35,000円 35,000円
交際・レジャー費 20,000円 36,000円
日用雑費 30,000円 42,000円
子ども服・おもちゃ 6,000円 4,000円
お小遣い 60,000円
(夫/40,000円 妻/20,000円)
60,000円
(夫/40,000円 妻/20,000円)
貯金 60,000円 30,000円
合計 517,500円 543,200円

食費を抑えられたものの、日用雑貨費がオーバー。その理由は、キッチン雑貨を揃えたためだそうです。

娘さんが料理に興味を持ち始めたので、かわいいキャニスターなどを購入したそう。先日お邪魔したら、嬉しそうにお手伝いしていました。お友達をよぶ機会も増えたため、交際・レジャー費もオーバーしていますね。

その分、6月は貯金額を減らして対応したそうです。

 

市販の家計簿はかわいいイラスト付きを!

家族構成

夫:33歳/会社員
妻:33歳/会社員
長女:保育園

家計の管理方法やコツ

かわいいキャラクターデザインの家計簿を毎年購入しています。
家計簿歴5年になりますが、「このキャラクターの年は震災があったな」「長女が生まれた年だな」など日記のように付けると頑張れますよ。
うちは、犬も家族の一員なのでドッグフードは食費、トイレシートは日用雑費、ペット保険は保険料に入れています。

2019年6月の家計簿

科目 前月に予測した金額 実際にかかった金額
住宅家賃 100,000円 100,000円
食費 50,000円 65,000円
水道光熱費 26,000円 27,200円
通信費 20,000円 18,600円
教育費 15,000円  15,000円
医療費 6,500円 6,200円
保険料 25,000円 25,000円
日用雑費 20,000円 14,000円
服飾費 50,000円 87,000円
お小遣い 40,000円
(夫/20,000円 妻/20,000円)
40,000円
(夫/20,000円 妻/20,000円)
貯金 80,000円 40,000円
合計 432,500円 438,000円

七五三用の着物をゲットしたため、服飾費がかかっています。10月に行う予定だそうですが、この時期に予約しないと良い物はなくなってしまうのだそうです。

医療費は、アトピーで通院している娘さんの費用です。七五三のときには症状が改善しているといいですね。

 

昔ながらの手書き家計簿

家族構成

夫:45歳/会社員
妻:43歳/パート
長男:高校1年生
次男:中学2年生
長女:小学4年生

家計の管理方法やコツ

毎日、手書きの家計簿を付けいています。
田舎なのでレシートが出ない店もあります。さらに、子どもにお使いを頼むとレシートを捨ててしまうので、その都度ノートに商品名と金額を書いています。
その姿を見せているからか、子どもたちもお小遣い帳を付ける習慣がつきました。

2019年6月の家計簿

科目 前月に予測した金額 実際にかかった金額
住宅家賃(住宅ローン) 80,000円 80,000円
自動車ガソリン代 15,000円 22,000円
食費 75,000円 73,000円
水道光熱費 32,000円 34,800円
通信費 30,000円 27,000円
教育費・習い事 35,000円 35,000円
保険料 25,000円 25,000円
日用雑費 15,000円 22,000円
交際・レジャー費 10,000円 7,400円
服飾費 20,000円 16,900円
お小遣い 40,000円(夫/20,000円 妻/5,000円 子ども3人/15,000円) 40,000円(夫/20,000円 妻/5,000円 子ども3人/15,000円)
貯金(普通預金) 35,000円 35,000円
運用(イデコ) 20,000円 20,000円
合計 432,000円 438,100円

「主婦歴が長いから出費の予想は簡単」とおっしゃるAさん。アンケートの提出も一番早く、実際の出費もニアピンでした。さすがですね!

しかし、ガソリンの値上げは予想ができず、ちょっとオーバー。その分、自分の服飾費を減らしたそうです。

 

イデコの運用に興味がある人はこちらもオススメ!

イレギュラーな出費はどのくらい?

冠婚葬祭費

冠婚葬祭費の種類にはいろいろなものがあります。一般的な相場を見てみましょう。

結婚祝い

  • 同僚や友達:1人 30,000~50,000円/夫婦 50,000~80,000円
  • 部下や後輩:1人 30,000円/夫婦 50,000円
  • 兄弟:100,000円

出産祝い

  • 同僚や友達:5,000~10,000円
  • 部下や後輩:3,000~5,000円
  • 兄弟:20,000~50,000円

香典

  • 上司やその家族:5,000~10,000円
  • 同僚や友達:3,000~5,000円
  • 祖父母:10,000円
  • 両親:100,000円

年度末・初めの飲み会費

会社主催で行われる飲み会は会社負担の場合もありますが、そうでない場合、飲み放題で4,000~6,000円くらいが一般的でしょう。

自分が上の立場の場合は、ちょっと多めに負担することもあるかもしれませんね。

医療費

突発的な病気の場合は、診療費に加えて初診料や夜間診療費、入院費も考慮しなくてはなりません。
高額になった場合は高額療養費制度が使えますが、一旦、立て替える必要がある場合もあります。

我が家の場合、夜中に主人が胸の痛みを訴え、救急搬送されました。診断の結果は、心筋梗塞。直ちに処置が行われ、そのまま入院に。約一週間に退院し、3日後に会社へ行けるようになったんです。

その場合の費用は、診療費+処置+夜間対応費+入院(シーツやタオルレンタル含む)+食事+薬といった具合で、あっという間に高額療養費の対象になりました。

病院から「健康保険限度額適用認定証」というものの存在を聞き、精算時に提出することで立替をしなくて済み、ホッとしたことを覚えています。

高額療養費とは

医療機関から請求される医療費が高額になったときに、自己負担限度額を超えた金額が払い戻しされる制度です。

年収によって、ひと月あたりの自己負担限度額が変わってくるので、加入している健保組合で確認してください。

限度額適用認定証とは

高額療養費制度が適用されることが前もって分かっている場合は、「限度額適用認定証」を健保組合で発行してもらいましょう。

あらかじめ医療機関に提出しておけば、ひと月ごとの請求額が自己負担限度額までとなります。

 

家電の故障・買い替え

テレビや洗濯機、冷蔵庫など大型家電を買い替える際は、高額な出費になります。
このような生活家電は「ボーナスまで待つ」というわけにいかないので、あらかじめ「イレギュラー費」を貯めておいた方がいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました