通夜・葬儀・告別式は何をするの?今さら聞けない大人のマナー

つぶやき
スポンサーリンク

一般的な葬儀マナー

人が亡くなると僧侶を招き、親族や近親者、友人、知人で故人の冥福を祈ります。その宗教的な儀式は「お葬式」とよばれ、葬式とはお通夜・葬儀式・告別式を総称した言葉です。

故人とのお別れの場である葬式は、平安時代から貴族の間で始まったといわれています。その儀式は徐々庶民に広まっていき、江戸時代になると「お寺と檀家」の関係が確立。葬式という習慣は定着していきました。

現在の一般的な葬式は1日目の「お通夜」、2日目の「葬儀・告別式」に分かれています。

通夜とは

通夜とは故人を見守る儀式

1日目に行う「お通夜」では、家族や親族が故人のために「寝ずの番」をします。寝ずの番とは、一夜を通して故人のご遺体を見守ること。その行動・行為から「通夜」とよばれているそうです。

医学が発達していなかった昔は、本当に亡くなったかを確認する方法が未発達でした。そこで、目を覚ますかもしれないご遺体を見守っていたのです。土葬の習慣がある西洋でも、昔はご遺体の指と墓の外にあるベルを結び付けて、生き返ったら分かるようにしていました。

 

寝ずの番をしているときに気を付けなければならないのが、ろうそくや線香の火を絶やさないこと。

仏教では「ろうそくや線香の煙は故人が冥界へと進む道しるべ」とされています。その道しるべがないと「魂は迷ってしまい、この世に残る」といわれているのです。煙をたどって極楽へ進めせるため、火を絶やしてはいけないといわれています。

近年のお通夜は半通夜が主流

 

近年では、夕方から始まり夜のうちに散会する「半通夜」が主流になっていますね。これは、斎場や葬儀場で通夜を行うことが多くなったことや、防火上の理由から火をつけたままにしておくことが難しくなったためです。

本来、お通夜は、故人と親しい間柄の人たちで行われてきました。しかし、半通夜になってから、時間的に仕事関係の人や近所の人たちも参列しやすいので、さまざまな人が参列できるようになりました。

通夜の進め方は、喪主から順番に家族、親族、友人や仕事関係の人と焼香をしていきます。そして、焼香が終わり、僧侶が退席すると、通夜振舞いの席に移動。通夜振舞いは、故人をしのびながら喪主が参列者をもてなす場。東京では料理やお酒が出されますが、大阪ではお茶菓子で済ましてお食事券を配布するそうです。

葬儀・告別式とは

葬儀・告別式とは本来別の式だった

2日目に行う「葬儀」と「告別式」は、もともと別の儀式でした。葬儀式は、家族や親族など個人と近しい間柄の人たちが冥福を祈る儀式。告別式は、友人や知人、仕事関係の人たちが故人にお別れを告げる場だったのです。

葬儀式と告別式は本来の意味が違うため別々に行っていましたが、近年では一緒に行うのが主流になっています。そのせいか、2日目に行う儀式のことを「お葬式」「告別式」など、呼び方は混在しています。時代や地域によっても呼び方は変わってくるでしょう。

葬儀・告別式:開式から出棺まで

葬儀・告別式は午前中から行うのが一般的です。

だいたい午前11時から開式をして、受け付けが始まります。親族や近親者が席に着き、僧侶が読経をしている間に焼香。僧侶が退出し、喪主の挨拶や花入れが済むと出棺になります。一般参列者は、ここで解散することが多いでしょう。

葬儀・告別式:火葬(荼毘)

火葬場で故人が荼毘にふされている間、火葬場へ行った参列者は別室で待機します。この間は約40分~3時間程度。火葬場の設備やご遺体の状態によって、火葬の時間は変わるようです。

葬儀・告別式:お骨上げ・収骨(拾骨)

火葬が終わると、故人の骨を骨壺に納める儀式になります。2人1組になり、それぞれ持った箸で骨を拾い上げていくのです。喪主を先頭に脚の骨から拾い上げていきますが、宗教や地域によっても方法が変わるので気を付けましょう。

葬儀・告別式:初七日

「49日の間は故人の魂は成仏せず、この世に残っている」と仏教ではいわれています。そこで、遺族たちは故人が極楽へ行けるように、読経を行ったり節度ある行動をしたりと善行を行ったのです。その「四十九日法要」の中で最も重要なのが初七日だと考えられていました。

初七日とは、故人が亡くなってから7日目に行う法要。この日は、故人が生前に行ったことを裁く審判が行われる初日だといわれています。あの世にいる裁判官に「故人はいい人ですよ。だから遺族である私たちも善い行いをしているでしょう」と示すため、初七日法要を行うのです。

現在では、親族一同が集まっている葬儀・告別式の当日に行われることが多いですね。

葬儀・告別式:精進落とし

こちらも、「四十九日法要」のに基づいた善行に関わっています。善行の中に「肉や魚、酒、異性との交わりを断つ」というものがあります。昔の人は、四十九日法要の間、精進料理を食べて身を清めていたんですね。

そして、49日が経った後、食事や生活を元に戻すための区切りとして振舞われるのが「精進落とし」です。今では葬儀・告別式の最後に食事をする「僧侶や親族をねぎらうために行う会食」という位置付けになっています。

通夜・葬儀・告別式の相談はプロが確実!

全国の葬儀場から選べる「葬儀コンシェル」


  • シンプルな「火葬式」187,800円~
  • 1日で終わる「一日葬」なら337,800円~
  • ご家族で見送る「家族葬」なら487,800円~

と、費用を抑えるプランが充実しています。

 

24時間・365日対応の「いい葬儀」

  • 病院からの搬送はもちろん、警察からの搬送もOK
  • 海外への搬送も任せられる

など、幅広い対応が可能です。

 

お別れ会をオーダーメイド「Story (ストーリー)」

story バナー

  • 家族葬を行ったので、友人や知人とのお別れ会を開きたい
  • 1周忌や3周忌を特別なお別れ会にしたい
  • 会費制の偲ぶ会を開催したい

など、その人らしい「お別れ会」をオーダーメイドできます。

 

お布施の金額まで提示「葬儀社アーバンフューネス」



  • 東京・神奈川・埼玉・千葉の1,220の式場と提携
  • 火葬式から社葬、お別れ会まで幅広く対応可能
  • 手続きやお悩みなどもプロがサポート

と、初めての喪主さんでも安心して任せられます。

タイトルとURLをコピーしました