避難所で実感した便利な防災グッズ|犯罪対策やライフハックも!

つぶやき
スポンサーリンク

防災リュックとボディバッグ

防災用品を入れるバッグは2種類用意します。

1.大容量の防災リュック

  • 軽い
  • 45L以上
  • 防水
  • 肩パッド付
  • 丈夫なもの

以上5点をクリアしたものがいいでしょう。

2.常に身に付けるボディバッグ

避難所でのボディバッグの役割は、携帯金庫。現金や身分証明書を入れておき、トイレに入るとき・配布の列に並ぶとき・寝るときなど常に身に付けておくものです。

避難所で実感した便利な防災グッズ

防災リュックに入れるもの

食料・飲料水
携帯ラジオ
ランタン
モバイルバッテリー
食事に必要 ラップ・アルミホイル・割り箸・乾燥剤・コップ
衛生用品 消毒薬・綿棒・生理用ナプキン・毛抜き・マスク
除菌ジェル・消毒用アルコール
眼鏡・入れ歯洗浄剤・各ケース
歯磨きセット:歯ブラシ・液体歯磨き
ティッシュペーパー・除菌ウェットシート
携帯トイレ・トイレットペーパー
無水シャンプー
常備薬 風邪・解熱・痛み止め・胃腸薬
衣服



下着・靴下
保温アルミシート・防寒服
貼るカイロ・冷却シート
スリッパ・スニーカー
その他





万能ナイフ
2つ口以上の電源タップ
ビニール袋
ライター
安全ピン
耳栓・イヤホン・アイマスク
文庫本
短編集など、すぐに読み終わるものがおすすめ
タオル
フェイスタオル・バスタオル
保冷バッグ
とっておく食料や飲料の保存におすすめ
新聞紙
濡れた靴に入れたり体の保温に
水用タンク
 
電池 家にある懐中電灯やラジオなどに使えるサイズのもの。単三電池を使用するものが多い

ボディバッグに入れて身に付けておくもの

現金 公衆電話用の10円玉や100円玉
そのほかにも、千円札を20枚程度(2万円)の現金があったほうがいいでしょう
身分証明書 運転免許証やマイナンバーカード・保険証
筆記用具 ボールペン・メモ帳・油性マジック
持病の薬
お薬手帳(処方箋)のコピー

身に付けておくもの

防犯ブザー ボディバッグや衣服に付ける
ヘルメット
懐中電灯
ヘッドライト
滑り止め付き軍手
レインコート
ホイッスル

余裕があれば持っていきたいもの

  • 電気ケトル
  • 毛布・寝袋
  • 簡易マット・クッション
  • 卓上コンロ・カセットボンベ
  • テント

食料・飲料水

大きな避難所では、非常用食料を備蓄しているところもあります。しかし、多くの避難所では「時間が経ってから食料が配布される」と思っておきましょう。孤立してしまうと、避難物資が届くのは3日以降になることもあります。

最低でも3日分、できれば1週間分ほどの食糧は自分で確保しておくのがいいですね。

常温で長期保存ができるおすすめの食糧

長期保存ができても、消費期限が過ぎればゴミになってしまいます。それを防ぐため「期限前に食べなければ!」と思っても、美味しくなければ苦痛ですよね。だから、美味しいものを選ぶのが正解。以下の2つは、ふだんの食事でも美味しくいただけます。

尾西食品「アルファ米」

尾西食品のアルファ米は、白米をはじめ五目御飯や赤飯、チキンライス、ドライカレーなど、いろいろな種類があります。お湯を注げば15分、常温水なら約60分でふんわりしたご飯が食べられます。アレルギー物質不使用製品もあり、常温で5年間の保存ができるのが嬉しい!

「ハラル認証取得商品」があるのもすごいですね。

新食缶ベーカリー「缶詰パン」

非常時でなくても食べたくなる缶詰パンは、美味しさはもちろん腹持ちもいいと人気です。とくに新食缶ベーカリーの缶詰パンは、缶の中で熟成して発酵、焼成までしているから衛生的。最大5年間の保存がOKなんです。

私のおすすめはチョコレートとコーヒー。ストレスマックスの中でも、一息つける時間が持てますよ。

飲料は普段から飲んでいる物をローリングストック

出典:一般財団法人 日本気象協会

ローリングストックとは、備蓄分を確保しながら「使ったら買い足す」を繰り返すこと。これにより、常に新しいものを口に入れることができます。

カゴメ「野菜一日これ一本」

30品目の野菜をミックスした無添加のジュースです。避難所生活は運動不足になりやすく、便秘に悩まされる人が多数。そんな中でも、食物繊維がしっかり取れる野菜ジュースは必需品ですね。

カゴメの野菜一日これ一本は、ドロッと濃厚な飲みごたえなので「野菜を食べた」という気持ちになります。軽くてゴミが少ないリーフパックがおすすめです。

飲料水

大人1人に対して1日3Lの水が必要だといわれています。

2Lボトルの水は雑菌の繁殖を防ぐため、直接口を付けないようにコップを使って飲みましょう。空きボトルは活用できるので、捨てずにとっておくといいですよ。

ヘッドライト・携帯ラジオ

GENTOS(ジェントス)「ヘッドライト」

両手が自由に使えるヘッドライトは、USB充電より乾電池を使用するタイプがいいでしょう。そして、バンドの部分が頭の頂点を通るタイプがおすすめ。1本のバンドだと緩ければ落ちて、きつく止めれば頭痛の原因になってしまいます。

GENTOS(ジェントス)のライトは80°の可動式ヘッドだから手元も明るく、後部認識灯で安全を確保。明るさも230ルーメンあるので、災害時だけでなく、アウトドアスポーツやキャンプにも役立ちます。

SONY FM/AM「ポータブルラジオ」

災害時には頼りになる携帯ラジオは、いろいろな機能が付いているものがおすすめです。ランタン代わりになるライトが付いていて、スマホ充電ができ、電池がなくなっても手回しで充電ができるもの。

このSONY FM/AMポータブルラジオは、上記の機能にプラスして防滴機能が付いているので、キッチンで普段使いをしながら災害に備えることができます。

 

便利な防災セット

防災セットで初めて総合1位を獲得した超人気防災セット

玄関扉に取りつける新しい収納方法の防災バッグです

 

防災のプロである防災士が厳選した防災グッズ

5年保証が付いた防災グッズ

ディフィンドフューチャー

いざ!というときのライフハック4つ

ボディバッグはダブルファスナーを選ぼう

ボディバッグは、引き手が2つあるファスナー(ダブルファスナー・ダブルジップ)のバッグをおすすめします。

その理由は簡易の鍵が付けられるから。上の写真のように安全ピンなどで両方の引き手を止めれば、ロックになります。泥棒が手を伸ばしても、ワンアクション多く手間をかけないとバッグが空かない仕組みが作れます。もちろん、本物の南京錠を付けてもいいですよ。

夏でもポンチョは使える

お風呂に入れないときは、ボディシートで体を拭いて汗やニオイを抑えたいものです。そのときに活躍するのがポンチョです。ポンチョをかぶって体をフキフキ、厚手のものならノーブラになっても大丈夫。赤ちゃんがいる家庭では、授乳ケープとしても使えます。

ビニール袋に乾燥剤を入れれば 洗濯するまで臭わない

使用した靴下や下着は、乾燥剤を入れたビニール袋に入れましょう。蒸れたニオイを抑えられます。また、ジップロックに乾燥剤を入れれば、スナックも湿気ません。

避難途中は目立つ色。避難所では地味な色

避難所に着くまでは、目立つ色の服を着て存在を知らせたほうがいいとされています。しかし、避難所に着いたら目立たない方が得策です。

阪神淡路大震災や東日本大震災で浮き彫りになったのは、避難所での性犯罪。このことから、女性はピンクなどの目立つ服は着ないほうがいいといわれています。加えて、トイレに行くときも寝るときも、常に防犯ブザーは身に着けておきましょう。

避難所でも犯罪は起きていた

 

出典:熊本市男女共同参画センターはあもにい

先にあげた性犯罪ですが、被害者には幼児も含まれています。「人が多くいる避難所で犯罪はないだろう」と思いがちですが、被害者は多くの人がいるからこそ声をあげられず泣いていたのです。さらに、近所付き合いを考えて、被害を訴えづらくしている現実もあります。

女性だけでなく、男性も「トイレで現金を奪われた」「食料を盗まれた」「ストレス解消といって暴行を受けた」などの被害が報告されていました。「加害者も被災者だから大目に見てあげて」なんて管理者に言われたこともあったようです。

災害時には多くの警察官が、交通規制や救助などの対策に追われます。避難所での犯罪行為にまで手が回らないかもしれません。

自分で準備できるものは事前に用意し、困ったことがあれば声を出して助けを求めましょう。

 

ペット用の防災アイテムはこちら

タイトルとURLをコピーしました