移住と観光は違う!気候をエリア別に見る|内陸・瀬戸内・南西諸島

住まい
スポンサーリンク

移住と観光は違う!内陸の気候

「中央高地式気候」ともいわれるエリアは、長野県・山梨県・岐阜県北部など海に面していないエリアを指します。

夏は太平洋側で雨が降り、冬は日本海側で雪が降るので、1年を通して雨が少ないのが特徴です。
そして、海から離れているので、夏と冬の気温差が大きいのも特徴といえるでしょう。特に、夏は暖かく乾いた空気がフェーン現象を引き起こし、夏の気温をさらに高めることがあります。

しかし、標高の高い地域では夏でも気温があまり上がりません。内陸の一部は避暑地として有名な所もありますね。

平地が少なく山が多い地形なので、日当たりのいい場所を好むリンゴなどの果物の栽培が盛んです。夏でも涼しい場所では、抑制栽培による、キャベツ・レタスの栽培なども行われています。

暮らしやすさ ☆☆☆☆
夏の暑さがキライという人には過ごしやすい!

1年間の降水量は、那覇市の約半分といわれるほど雨が少ないので、アウトドア好きには住みやすい地域です。ということは、晴れ間が多く紫外線が強いので、UVケアは念入りにしないといけません!

寒暖差が激しいので、体調には注意が必要です。地域によっては、夏でも毛布をかぶって寝るほど涼しいこところもあるそう。それでも、夏の暑さがキライという人には過ごしやすい地域です。

 

移住人気が高い地域

長野県上田市

年間の平均降水量は約900mmと全国でも有数の少雨乾燥地帯です。晴天率は高いですが、昼夜や冬夏の寒暑の差が大きく、典型的な内陸性の気候といえるでしょう。

山梨県甲府市

 

夏の最高気温は30℃を超える一方で、冬は最低気温が氷点下になる日もあります。
北部に位置する三富地域の山間部で積雪は見られますが、南部は多くありません。

 

 

移住と観光は違う!瀬戸内の気候

「瀬戸内式気候」ともいわれるエリアは、北は中国山地から南は四国、紀伊山地に囲まれた地域など、岡山県・香川県・愛媛県・広島県・兵庫県・大阪府などの地域を指します。

海に面しているため、温暖な気候です。

夏は四国山地、冬は中国山地に季節風がさえぎられているので、1年を通して降水量が少ない地域といえるでしょう。

さらに、梅雨が短く台風が来る頻度も少ないので、干ばつが起こりやすいのが特徴。昔から人工的に大きな池を作って、干ばつ対策をしてきました。ため池が多く見られるのはその理由からです。

 

雨も雪も少ない瀬戸内地方では、香川の讃岐うどんに使われる小麦や、愛媛県ではミカン、岡山県ではオリーブなどが生産されています。ほかにも、晴れの多さを利用した塩作りなども盛んです。

暮らしやすさ ☆☆☆☆☆
1年を通して温暖な気候なので、過ごしやすい!

冬から夏にかけては、中国大陸から流入する黄砂に悩まされることがしばしば。裏を返せば、風がよく通る地域ということです。そのため、暑すぎて外を歩けない!ということはめったにありません。

1年を通して温暖な気候なので、過ごしやすい地域です。しかし、夏になると給水制限がかかることがあるので、水の確保が重要な課題となります。

 

移住人気が高い地域

愛媛県松山市

愛媛県のほぼ中央にある松山平野に位置する松山市は、1年を通して温暖な気候です。降水量は、6月に多く12月に少ない夏雨型となっています。

香川県小豆島町

 

年間の平均気温は15℃前後、夏の平均気温は26℃前後。
冬は氷点下になることもありますが、平均5℃前後で積雪量は少ない島です。

 

 

 

移住と観光は違う!南西諸島の気候

「南西諸島気候」または「亜熱帯」ともいわれるエリアは、鹿児島県の奄美大島から沖縄県にかけての地域を指します。

冬の平均気温は15℃前後。本州と比べると温暖な気候ですね。そして、海に面しているので、夏でも極端に暑くなることはありません。そのため、四季の変化が不明瞭ともいわれています。

 

沖縄の那覇市では、1年間の平均気温が23℃となっており、温暖で住みやすい地域です。
しかし、12月から梅雨明けの6月下旬までは、曇りの日が多く連続しやすいのが特徴。日本海流から流れてくる暖かく湿った風の影響で、年間降水量も多くなります。

雨が多く降る割に大きな川がないため水不足になりやすく、春から夏終わりまで台風の直撃も受けます。そのため、痩せた土壌になりやすく、米や野菜よりは乾燥した土壌でも栽培可能なパイナップルやサトウキビが良く育ちます。

暮らしやすさ ☆☆☆☆
移住する人は年々増加傾向に!

南に位置しながら、35℃を超える猛暑日が少ないのが特徴です。

冬でも暖かく、平均的に暑いと感じる日が多いのが南西諸島気候。
寒さが苦手な方は過ごしやすい気候ですが、湿気が多くジメジメと感じるので私は無理ですね。台風の直撃やスコールの発生にも注意が必要です。

それでも、この気候を求めて移住する人は年々増加しています。

やはり、南西諸島気候の冬の過ごしやすさがピカイチ!だからでしょう。
雪や道路凍結の心配がないので、外へ出る機会も多くなります。1年を通して、体を動かしやすい地域なのですね。

 

移住人気が高い地域

沖縄県石垣市

 

夏は湿度が高いため蒸し暑く感じる地域ですが、冬は快適に過ごせます。
1年を通して風が強く、13 ~ 33°C の間を保っています。

 

鹿児島県奄美大島

夏は晴れる日が多く、冬は曇りや雨の日が続くでしょう。四季を通じて温暖多雨の地域です。 台風の常襲地帯でもあり、早い年では4月から来襲します。

タイトルとURLをコピーしました